「翻訳者になるには」の記事一覧

在宅翻訳者と企業内翻訳者

翻訳者になるには

翻訳者には、在宅翻訳者と企業内翻訳者があります。 在宅翻訳者は、会社には所属しないで個人で翻訳を行います。通常は、翻訳会社に登録し、仕事を受注することになります。 企業内翻訳者は、正社員、派遣社員、契約社員などとして企業・・・

専門知識はどのくらい必要か

翻訳者になるには

翻訳者になる前にその分野で働いていた経験を生かして翻訳をしている人が多いのですが、どんなに優秀でもあらゆる分野を網羅する専門知識を持っているということはありません。 実際に翻訳をする場合には、未知の分野の翻訳をしなければ・・・

複数の翻訳会社に登録

翻訳者になるには

翻訳者を緊急に募集するためのトライアルの場合は、トライアル合格後に実際の翻訳の仕事がすぐに発注されます。 一方、新規登録翻訳者を常時募集している場合は、トライアルの審査に長期間かかり合否の判定がなかなかこなかったり、合格・・・

翻訳学校

翻訳者になるには

翻訳学校に行ったり、翻訳の通信講座を受けたからと言って、実際の仕事が得られる保証はありません。プロの翻訳者で、学校には行かなかった方もたくさんおられます。学校に行かなくても、トライアルに合格すれば仕事を始めることができま・・・

翻訳者に向く人

翻訳者になるには

翻訳の勉強を始めるには、高校卒業程度の英語力があれば十分ではないかと思います。ただし、語学の習得には終わりがないので、ずっと英語の勉強を続けていくという態度が必要です。さらに、好奇心があり、色々な知識を身につけていきたい・・・

社会人としての経験が大切

翻訳者になるには

フリーの翻訳者というと、一人で部屋にこもって誰とも話さずにする仕事のように思われがちです。 しかし、翻訳会社などのクライアントとの付き合いでは、メールの書き方、電話での対応などで社会人としてのマナーが求められます。翻訳の・・・

短期間に集中

翻訳者になるには

翻訳の仕事を始めたいと思ったら、他を犠牲にしてでもがんばることが重要です。 少しづつなんとなく勉強しているのではなかなか身につかず、だんだんやる気がなくなってきます。 まずは目標を決めて、それを達成するまでに精一杯がんば・・・

トライアルの注意事項

翻訳者になるには

翻訳会社に応募すると、トライアルという短い文章が送られてくる場合がほとんどです。このトライアルを翻訳したものを提出して翻訳会社に実力を評価してもらいます。このトライアルに合格するためには、注意しなければならないことがあり・・・

会話力もつけよう

翻訳者になるには

翻訳の勉強というと、「読む」と「書く」ことを重視しがちです。 しかし、実際の英文は日常的な英語で書かれています。会話力をつけることにより、辞書にいちいち頼ることも少なくなり仕事のスピードがアップします。英訳をする際にも自・・・

ページの先頭へ