翻訳会社ではチェッカーと呼ばれる人達が、仕上がった翻訳のチェックを行います。主に、誤字・脱字、訳抜けがないか、数字が間違っていないか、誤訳がないかをチェックします。時には、英語や日本語の不適切な表現を修正します。

上手な翻訳と下手な翻訳を見ることは大変勉強になります。翻訳の経験がなくてもチェッカーになれる場合もありますので、翻訳者になりたいと思ったらこういう仕事から挑戦してみてもよいと思います。

チェッカーがチェックし終えた翻訳をクライアントに納品するわけですので、チェック漏れがあると大変です。ある意味、翻訳者よりも責任が重いとも言えます。