フリーの翻訳者というと、一人で部屋にこもって誰とも話さずにする仕事のように思われがちです。

しかし、翻訳会社などのクライアントとの付き合いでは、メールの書き方、電話での対応などで社会人としてのマナーが求められます。翻訳の質がよくても、社会人としての常識がない翻訳者は成功しません。

社会人になってビジネスマナーを習得することは、翻訳の仕事に就く際に非常に役立ちます。また、社会人時代に身につけた知識が翻訳をするのに役立つこともあります。翻訳者になる前は会社員だったという方も非常に多いように思います。まずは社会で様々な知識を身につけることはとても重要です。