見慣れた単語でも、訳す分野によって訳し分ける必要があります。

例えば、「operate」は、機械の取説では「作動する」、ソフトウェアのマニュアルでは「動作する」「運用する」と訳すことが多いです。これを間違えて訳していると、訳文自体の品質が落ちてしまいます。
必ず辞書、参考書等で確認するようにしましょう。