私が翻訳会社のコーディネーターをしていた頃は、和訳ならこの人、英訳ならこの人と決まっていました。中には和訳と英訳の両方をやる方もいらっしゃったのですが、大部分の方が和訳専門、英訳専門と決めているようでした。ですので、翻訳の分野と英訳か和訳かで翻訳者が決まっていました。

ある翻訳者は「英訳のほうがレートが高いから、和訳はやらない」ときっぱりと言い切ってました。

確かに、レートは英訳のほうが高いですし、英訳ができる翻訳者のほうが和訳ができる翻訳者よりも少ないので、英訳者のほうが稼げそうな気がします。けれども、和訳を専門にしてても、英訳を専門にする翻訳者より稼いでいる翻訳者はたくさんいます。

英訳でも和訳でも大事なのは実力なので、自分に向いているほうを専門にすればよいと思います。

現在、私は英訳がほとんどなのですが、たまに和訳をすると「ああこう訳すんだ」という発見があったり、英語をじっくりと読むことができるので勉強になります。

どちらを専門にするのしても、和訳、英訳と両方の勉強をしていくことが大切だと思います。