翻訳者を緊急に募集するためのトライアルの場合は、トライアル合格後に実際の翻訳の仕事がすぐに発注されます。

一方、新規登録翻訳者を常時募集している場合は、トライアルの審査に長期間かかり合否の判定がなかなかこなかったり、合格しても実際の仕事が来る確率はかなり低くなります。忘れた頃に、緊急の仕事が来てその後の仕事はまったくないとか、たまたま大きな翻訳があって人手が足りないからと連絡があったりします。

ほとんどの翻訳者は複数の翻訳会社に登録しています。ある翻訳会社のトライアルに合格したからと安心せずに、常に新しい登録先を探したほうがよいと思います。