翻訳学校に行ったり、翻訳の通信講座を受けたからと言って、実際の仕事が得られる保証はありません。プロの翻訳者で、学校には行かなかった方もたくさんおられます。学校に行かなくても、トライアルに合格すれば仕事を始めることができます。

翻訳学校に行くのはまったく無駄かというと、そうではないと思います。

まず翻訳の経験がまったくないという人は、翻訳の最低限の知識を得ることができます。また、通学制にした場合は同じ道を志す人達と知り合いになり、励ましあったり情報を得たりしてネットワーク作りにも役立ちます。

添削問題は、本当の仕事だと思って真剣に取り組むことが大事です。私も前に翻訳の通信講座を受けたのですが、その時のテキストや添削問題は今でも時々読み返しています。