翻訳を発注する側からすれば、休み前に翻訳を発注しておいて、休み明けに翻訳ができているという状態が理想的です。

そのため、金曜日、お盆やGW前など企業の休暇前に翻訳の受注が集中し、世間が休みの間、翻訳の仕事に追われることになります。予定をキャンセルすることもあるかもしれません。