翻訳会社のコーディネーターも人間ですから、翻訳の質がいくら良い人でも応対が悪い翻訳者とは仕事をすることは好みません。同じような翻訳力を持つ人ならば、気持ち良く仕事ができる翻訳者を選びます。コーディネーターに嫌われれば仕事は来ません。

また納期が厳しい仕事でも喜んで引き受ければ、次はもっと条件の良い仕事を渡そうとさえも思ってもらえます。

人付き合いが嫌いだから在宅の翻訳者にという考えは持たないようにしましょう。