フリーランスの翻訳者は、好きな時間に好きなペースで好きな量の仕事ができます。

そのはずなのですが・・

実際は、仕事があるときは寝る間もないくらい忙しい、逆に仕事がないときは1日自由という日々が続きます。無理のない仕事の量を引き受けなければよいのですが、なかなかそうはいきません。

きつい納期の仕事でも快く引き受けておけば、次の仕事も依頼してくれるのではないかという期待もありますし、次の仕事が来ないかもしれないから稼げる時に稼いでおこうという気持ちもあります。

本当に自由なのかなと思ってしまいます。