翻訳者になってしばらくは仕事量が安定しません。仕事を納品し終えたら、何日も時には何ヶ月も音沙汰なしということもあります。そのために多くの翻訳者は複数の翻訳会社に登録しています。

必ず仕事の依頼がなくて、暇になる時があります。そういう時は、何か前回納品した訳に問題があって仕事が来ないのだろうかと不安になりがちです。しかし、こういう時こそ、別の会社のトライアルを受けたり、手付かずの調べ物をしたり、勉強したりするようにすべきです。このほうが気持ちも楽になります。