フリーランスの翻訳者になると、今まで会社がやってくれていた手続きをすべて自分でしなければならなくなります。

厚生年金から国民年金への切り替え、健康保険から国民健康保険への切り替えが必要になってきます。会社を辞めたらすぐに、必要書類をそろえて役所に行き手続きを済ませましょう。

会社員時代は所得税、年金、住民税が毎月の給料から天引きされていたために、自分が払う税金についてあまり意識することはなかったかもしれません。しかし、フリーランスになると、自分で所得を申告し税金を払っていかなければなりません。

個人事業主の事業年度は1月1日から12月31日まで。この1年の収入と支出を計算し、国に報告することを確定申告と呼びます。

翻訳料は、10%が所得税として源泉徴収されて支払われるのが普通です。年度末に実際の総収入を計算すると、所得税を納めすぎている場合がほとんどなので、確定申告すると払いすぎた所得税が戻ってきます。確定申告は必ずしましょう。