現在、機密保持はとても重要視されています。

機密保持の契約を交わしたり、翻訳作業終了後に、原文、参考資料の完全消去を求められることもあります。
翻訳内容は他人に絶対に漏らさないようにしましょう。また、翻訳会社応募時に過去の訳文を提出する際にも機密保持には十分注意しましょう。